30歳最後の旅


by takeshi_japan21

san cristobal de las casas

d0160647_7303819.jpg

グアテマラ サンペドロラグーナからメキシコ、サンクリストバルへ。
パスを乗り換えること8回。 やっとこさ サンクリストバルへ。
ここに来た目的は二つ。 旅人の中では評判がいい 日本人宿
casa kasa。そしてもう一つは友達のブログとチェックし、興味津々。
サバティスタ民族解放軍というゲリラがいる。
特に詳しいことを自分がわかってるはずもなく興味を持ったのは
家に描かれているアート。  
詳しいことは 引用で。
d0160647_7192142.jpg



サパティスタという名称は、メキシコ革命において農民解放運動を指揮したエミリアーノ・サパタにちなむもので(「サパタ主義(サパティスモ)」)、サパティスタ民族解放軍はこのサパタの思想を引き継いだ革命行動である。

1994年1月1日、北米自由貿易協定(NAFTA)の発効日に、サパティスタ民族解放軍は、「NAFTAは貧しいチアパスの農民にとって死刑宣告に等しい」として、メキシコ南部のチアパス州ラカンドンにおいて武装蜂起した。NAFTAによって貿易関税が消失し、アメリカ合衆国産の競争力の強いトウモロコシが流れ込むと、メキシコの農業が崩壊することや、農民のさらなる窮乏化が予測されたのである。実際にメキシコでは、NAFTA発効後、多くの農民が自由競争に敗れて失業し、メキシコ市のスラムや北部国境のリオ・ブラーボ川を越えてアメリカ合衆国に流入した。ラカンドンでは、木材のグローバル商業化や、石油やウランの発掘がもくろまれており、当地の先住民を一掃する大規模な強制排除計画が進みつつあった。具体的には、白色警備隊と呼ばれるギャング組織が大規模農園主によって雇われ、暗躍し始めていた。身に迫る脅威を前に、インディオたちはついに、500年の抑圧を経て立ち上がったのである。

これに対し、メキシコ政府は武力鎮圧で応じ、チアパス州のインディオ居住区を中心に空爆を行なったため、サパティスタ側に150人近い犠牲者が出た。これを受けて、サパティスタ側は対話路線に転換したが、結果的にそれが奏功し、以後、メキシコ国内外から高い評価と支援を受けることになる。

サパティスタ民族解放軍は、先住民に対する構造的な差別を糾弾し、農地改革修正など政府の新自由主義政策に反対、農民の生活向上、民主化の推進を要求し、政府との交渉と中断を何度も繰り返しながらも、今日まで確実にその支持者を増やし続けている。

サパティスタ民族解放軍の実質的リーダーは、サパティスタ民族解放軍のスポークマンであり反乱軍の指揮も執るマルコス副司令官であるが、マルコスは例外的に非先住民族である。マルコスが反乱軍の指揮を執りながら司令官ではなく副司令官を名乗るのは、「真の司令官は人民である」との信念に基づく。





サパティスタ民族解放軍があるのはサンクリから一時間ぐらい。
村に入る前に軽い面接。 みんな覆面。 何もないのはわかっていても
ドキドキする。 そして雨の中 待たされること1時間30分。
やっとこさ村の中で。 
本当にゲリラ組織を形成してるのかと思わせるほどのどかなトコ。
しかし絵のメッセージか 彼らの行動を思わせる。
d0160647_7283862.jpg

d0160647_7291868.jpg

d0160647_7293731.jpg
d0160647_7294966.jpg

d0160647_7394082.jpg

これは病院。。



もうちょいのんびりみたかったが なんせ寡黙な覆面のおっさんが
ずーとついてくる。 監視。 
いやーなかなか 良い経験になったかな

まあ只今 極寒のところで待たされたおかげで風邪と格闘中。
[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-08-14 07:41 | Mexico