30歳最後の旅


by takeshi_japan21

I LOVE PAKISTAN

d0160647_2311080.jpg

敗戦のヒッチハイクから帰還。
まだ戦いのショックから立ち直れずにいると
なんと女の子のメールに 西チベットにツアーで
行かないかと 日本人からメールが!!

イスラエル人から日本人の女の子が行きたがっていると
聞いたらしい。 なんと偶然!!

彼の宿に移り 三人でツアー会社に行き作戦会議。
やはり以上に高い。 もうすこし人を集めないと無理だ。

半ば諦めてると なんと女の子二人が行きたい!!と


こりゃ 西チベットが呼んでるね。


こんな中国の西の果てで日本人五人も西チベットへ行きたい人が
集まるなんて ありえない。

バカ高い ツアー代金だが、 あのヒッチがあった後
カイラスへの思いは募るばかり。このメンバーなら行ってみたい!
って人が集まったのでもう関係なかった。







だが まだ出発まで後一週間ある。  

正直暇である。  何もすることがない。

たまたまチャリダーの人に出会い色々旅話をしていると
なんとノービザでパキスタンに行けると!

しかも昔から行きたかった フンザにいけるなんて!
まあ特に何があるか知らないけど、
ナウシカの世界がみたい!

ということで早速次の日出発! なんせカシュガルから
フンザまで往復で一週間。 ツアー出発までぎりぎり。

3人が行くことになったが、
当日一人があわただしいということもあり断念。

二人で行くことになったが、二日目の国境の町で
もう一人の子も中国ビザの延長をしないと中国を
抜けれないと言うことになり断念。
d0160647_2465227.jpg

d0160647_364062.jpg

二日目にして俺一人。
正直俺もビザがぎりぎりだ。 だがなんとしても
パキスタンに行きたかった。だってここまで来て
断念するなんてもったいなすぎる。


d0160647_421318.jpg



パキスタンに入国。
やはりノービザで入国できたが
もう雑で雑で。
適当にメモってその後ビザを張ってくれるのだが


なんと 唾をペッとシールに吐き捨てて張ったのだ。


おいおい!そんなサービスはいらんよ。
もうそのシールを見るたびに思いだすじゃないの。

でもなんだか起こる気がしない。
100%中国人がやったらキレるのに
パキスタン人は愛嬌があるので思わず笑ってしまった。
d0160647_248510.jpg


焦る気持ちもあり次の町に向かうと 
ここからは船だと。 うん?地図とは違うな。
なんと今年になりダムを造ったため道がなくなったみたい。

なくなく近くの町に戻り一泊。


翌朝ヒッチで向かうつもりが車が来ない。
3時間歩き結局一台も来なかったがそこの景色が
すばらしすぎる。 トレッキングだと思えばなんともない。
d0160647_2491795.jpg


ようやく 船に乗りフンザへ
まあなんだすごい!  湖の青さ。 
まるで海のよう。  終始感動しっぱなし
d0160647_2522633.jpg


d0160647_2532173.jpg

d0160647_2542885.jpg

もうフンザに着いた時は砂埃でぐったりだったが
フンザの谷の紅葉とド迫力8000m級の山をみたら
疲れなんてなんとやら。

d0160647_2554278.jpg

d0160647_354860.jpg

そしてパキスタン人はみんなフレンドリー
大人も子供もみんな声をかけてくれてる。
そしてみんな英語が上手。 いろんな国を周ったが
一番うまいかも。 なぜだ?
d0160647_2574919.jpg

d0160647_2591164.jpg

d0160647_30397.jpg

d0160647_313137.jpg

インド人みたいにしつこくもないし適度で。
中国の後なので正直 癒されました。あー沈没したい。


そして夜の星空  いうことなし。 もうフンザに大満足。
パキスタンいい国だ。
[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-11-06 03:09