30歳最後の旅


by takeshi_japan21

Trekking that changes life

d0160647_2042557.jpg


おひさしぶりです。 今はタイのバンコクに滞在中です。
ネパールのネット環境の悪さとトレッキングなどで忙しく 
おろそかにしておりました。  
最後の旅も終盤。 もう少しお付き合いください。


ネパールは今回で二回目。 
しかし前回は体調をくずしまくり何にもしてないし
もとより山にまったく興味がわかなかった。
だがトレッキングを友達とやり
自分の人生が180度変えるほどになるとは思ってなかった。

d0160647_2043377.jpg

d0160647_20543442.jpg


6日間のランタントレッキング。

チベットからの友達  ミサ マヤちゃん 福ちゃんの
3人とトレッキングに向かう。

序盤 お互いペースもわからず 
とりあえず歩いてみる。

俺とミサはじゃんじゃん行く派。

福ちゃんは一歩一歩自分のペースで。

昼。 昼食をとることに。

d0160647_20445616.jpg


しかし 一人来ない。   マヤちゃん!!

一カ所左右に分かれる道があったので
てんぱってるマヤちゃんを心配し、
メモを置いてきたのに。

一時間後 ようやく泣きながら到着。
案の定メモを見ず逆に行ったらしい。

d0160647_20453583.jpg

今回は助かったが正直焦った。 
山をなめた罰。


その後は二つにチームを分けガンガン上る。
ネパールのトレッキングはすこぶる快適。
普通の人ならガイドなしで登れる。

d0160647_2047066.jpg

ゲストハウスもいくつもある。l
だが俺にとってランタントレッキングの
一番の難所は飯。
d0160647_20474780.jpg

どうもチベット系の人が作る料理はいまいち。
なんかこうパンチがない。

なので終盤は常にミサと
今一番食べたいのは何?という話題で
持ちきりだった。

俺が出した答えは おにぎりと鶏のから揚げ。
d0160647_20564995.jpg



d0160647_20484533.jpg

4日目。 4100m地点の村から4900mの
山に登頂するため朝4時に出発。

当然のことながら自分らでは道に迷うところを
行きのバスで知り合った日本人の老夫婦の
チームに同行させてもらうことに。
d0160647_20495272.jpg


d0160647_20503243.jpg

その中のデンパ25歳は 同時14歳最年少で
エベレストに登頂した強者。 でも心底エロい。いいやつ。

途中みんなしんどくなったのか休憩が長い。

しょうがないので一人でガンガン登る。

d0160647_20514466.jpg

d0160647_20525668.jpg

そして4900mの山に登頂!!最後はさすがに
バテバテだったが、そこから眺める景色と言ったら。
一人頂上に立ち360度すべてが雪山に囲まれるてる。
d0160647_20535323.jpg


やっとトレッキングをする人の気持ちがわかった気がした。

そして今まで断然海派だったのに山派に変わった瞬間だった。

正直今まで11ヵ月旅をし ずっと悩んでいた。
自分はどこに住もうか。でもここネパールでやっとわかった。
長野に住もうと。


そんな余韻の中  いつまでたっても他のメンバーが来ない。

待っているとどんどん雲海が上がってきてあたりは霧にのまれた。

さすがに焦る! 単独行動で登ってみんな心配してるはず!!

慌てて下山すると 途中でやっと合流。

すると 第一声

「大変だったんだからー」
俺のことか? すまんすまん? と心で思う。

「マヤちゃん また遭難しかけたんだよー」

は?  またーーー!!!?

どうやら途中みんなに遅れたので ショートカットしようとし
違う道で登って 途中霧にのまれたらしい。

デンパが助けてくれたからよかったもの。 またしても。
笑いの神マヤちゃんは常にネタを提供してくれる。


本当にみんな無事帰れたし、 このメンバーで登れて
楽しかった。 いい友達に恵まれた

d0160647_2114511.jpg



d0160647_2056541.jpg


帰りはバスの屋根に乗車。 中より景色も見えて快適だった。
こんなこと日本だと絶対無理。
[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-12-05 21:05 | Nepal