30歳最後の旅


by takeshi_japan21

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Guanajuato

d0160647_548360.jpg

d0160647_6171630.jpg

d0160647_5482055.jpg


メキシコシティから5時間。 グァナファトと言う街に到着。
この街はとにかくついた瞬間からファンになった。
路線バスで市内に向かうバスの眺めは色とりどりが家が並び
色んな街も旅してきたがここまでかわいらしい町並みはなかったかも。

d0160647_5483596.jpg



d0160647_5471882.jpg

グァナファトにある日本食レストラン 峰路
ここは金、土曜日のみ居酒屋に変身する。
そしてとにかくうまい!!! 
海外の日本食レストランの中でも堂々のNO.1!!
結局4日間グァナファトに滞在して3日通った。
まぐろのユッケ。 たこ焼き。豚キムチ。さつま揚げ。とんこつラーメン。
どれもこれもうまくて日本の居酒屋にいるようでした
そしてなによりスタッフがすばらしい!!
3日間通い続けたのは経営している大阪のおばちゃん ゆかさんが
いたから!!! なんでこんなおもしろい人がこんなところに!!
スタッフの二人もおもしろい。すごい日本食屋
久々に心から笑える人に出会えてグァナファトがどんどん好きになった。
ぜひ!また会いたい人です!
メキシコは獣神サンダーライガーさん ゆかさんとスタッフのみんな。
旅人以外で良い出会いができて本当によかった!!

d0160647_5485539.jpg
d0160647_549880.jpg

[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-08-27 06:12 | Mexico

Mexico city

d0160647_23444436.jpg

d0160647_23445863.jpg


メキシコシティーに到着。 やはり大都会  
でも特ーに街がきれいなわけでもなく
うーん こんなものかと思っていたがタコス屋めぐりをしていると、
いたるところにタコス屋があり、一軒一軒味が全然違う。
どんどん色んな店を攻めたくなる!!
日本でイメージしていた ひき肉にレタス チーズ みたいな物は逆に見当たらない
牛豚鳥 臓物系やなんせ色々ある。
それをパクチーや玉葱 カブなどを
トルティーヤといわれるとうもろこし粉を薄く延ばした生地をまいて食べる。
そしてやっぱりサルサがうまい 色んな種類のソースがあってまた美味。
中南米を旅してきて一番うまいのはメキシコ!!
そしてタコス!!!

d0160647_23421441.jpg

俺は小学校の頃から大のプロレスファンだ。最近はあまり見ていなかったが
メキシコはやはりアメリカと並び本場。みなきゃだめっしょ。
しかもメキシコシティにある日本人宿に
あの日本ジュニア界のエース
獣神サンダーライガーがいるらしいと!!
テンションがあがる なんせ子供の頃のヒーロー 
違う宿に泊まっていたがせっかくなんで そっちの宿に移った。
初めはわからなかったが あの長髪と声 間違いなくライガー
緊張しすぎて初めしゃべれなかったが 本当にえらそうじゃなく
謙遜していて 人として尊敬できる人でした!!!

メキシコのプロレスは日本よりもっとエンターティメントな感じ。
いうなればちょいとやらせ。。 でも空中殺法は必見。

d0160647_23433089.jpg
d0160647_23435054.jpg

d0160647_2345980.jpg

この人が獣神サンダーライガー!!
[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-08-27 00:27 | Mexico

casa casa

サンクリストバルはのんびりしてていい。
残念なのが雨。 雨季なんで決まって夕方は雨が降る。
そして 寒い。 まさか夏でフリースを着込むとは。
d0160647_873440.jpg

d0160647_883059.jpg

ここには日本人宿カサカサがある。
特に何があるわけじゃないが居心地がいい。
俺が思ったのは干渉しない。
シェア飯もたまーに。飲みたい人はしこたま飲む。
でもみんなでダハブゲームを朝の4時までやったり。
俺がよかったのはテラス。 天気の良い日はビール飲んで
一人で盛り上がる。 楽しい。
d0160647_892226.jpg

d0160647_810454.jpg

オーナーの家族もすごい良い人達だし おすすめです。
[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-08-14 08:18 | Mexico

san cristobal de las casas

d0160647_7303819.jpg

グアテマラ サンペドロラグーナからメキシコ、サンクリストバルへ。
パスを乗り換えること8回。 やっとこさ サンクリストバルへ。
ここに来た目的は二つ。 旅人の中では評判がいい 日本人宿
casa kasa。そしてもう一つは友達のブログとチェックし、興味津々。
サバティスタ民族解放軍というゲリラがいる。
特に詳しいことを自分がわかってるはずもなく興味を持ったのは
家に描かれているアート。  
詳しいことは 引用で。
d0160647_7192142.jpg



サパティスタという名称は、メキシコ革命において農民解放運動を指揮したエミリアーノ・サパタにちなむもので(「サパタ主義(サパティスモ)」)、サパティスタ民族解放軍はこのサパタの思想を引き継いだ革命行動である。

1994年1月1日、北米自由貿易協定(NAFTA)の発効日に、サパティスタ民族解放軍は、「NAFTAは貧しいチアパスの農民にとって死刑宣告に等しい」として、メキシコ南部のチアパス州ラカンドンにおいて武装蜂起した。NAFTAによって貿易関税が消失し、アメリカ合衆国産の競争力の強いトウモロコシが流れ込むと、メキシコの農業が崩壊することや、農民のさらなる窮乏化が予測されたのである。実際にメキシコでは、NAFTA発効後、多くの農民が自由競争に敗れて失業し、メキシコ市のスラムや北部国境のリオ・ブラーボ川を越えてアメリカ合衆国に流入した。ラカンドンでは、木材のグローバル商業化や、石油やウランの発掘がもくろまれており、当地の先住民を一掃する大規模な強制排除計画が進みつつあった。具体的には、白色警備隊と呼ばれるギャング組織が大規模農園主によって雇われ、暗躍し始めていた。身に迫る脅威を前に、インディオたちはついに、500年の抑圧を経て立ち上がったのである。

これに対し、メキシコ政府は武力鎮圧で応じ、チアパス州のインディオ居住区を中心に空爆を行なったため、サパティスタ側に150人近い犠牲者が出た。これを受けて、サパティスタ側は対話路線に転換したが、結果的にそれが奏功し、以後、メキシコ国内外から高い評価と支援を受けることになる。

サパティスタ民族解放軍は、先住民に対する構造的な差別を糾弾し、農地改革修正など政府の新自由主義政策に反対、農民の生活向上、民主化の推進を要求し、政府との交渉と中断を何度も繰り返しながらも、今日まで確実にその支持者を増やし続けている。

サパティスタ民族解放軍の実質的リーダーは、サパティスタ民族解放軍のスポークマンであり反乱軍の指揮も執るマルコス副司令官であるが、マルコスは例外的に非先住民族である。マルコスが反乱軍の指揮を執りながら司令官ではなく副司令官を名乗るのは、「真の司令官は人民である」との信念に基づく。





サパティスタ民族解放軍があるのはサンクリから一時間ぐらい。
村に入る前に軽い面接。 みんな覆面。 何もないのはわかっていても
ドキドキする。 そして雨の中 待たされること1時間30分。
やっとこさ村の中で。 
本当にゲリラ組織を形成してるのかと思わせるほどのどかなトコ。
しかし絵のメッセージか 彼らの行動を思わせる。
d0160647_7283862.jpg

d0160647_7291868.jpg

d0160647_7293731.jpg
d0160647_7294966.jpg

d0160647_7394082.jpg

これは病院。。



もうちょいのんびりみたかったが なんせ寡黙な覆面のおっさんが
ずーとついてくる。 監視。 
いやーなかなか 良い経験になったかな

まあ只今 極寒のところで待たされたおかげで風邪と格闘中。
[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-08-14 07:41 | Mexico

San Pedro La Laguna

2010.8.4  サンペドロ ラ ラグーナ
シェラで一週間ぐらい滞在するはずが、宿も町も好きになれず
途方に暮れる。
もうメキシコに行こうかなっと悩んでいると...
友達のブログにサンペドロで革靴がオーダーメイドできる!!
しかも3000円弱でオリジナルの靴が!行きたい行きたい
俺の心は海外でブランド物をあさるOLの一緒!!
サンペドロはパナハッチェルと湖畔を挟んだ町。
もう前回サンペドロに行っているので戻るのは億劫ですが、
時間もあるし田舎でのんびりにつきる。
一路シェラからサンペドロに戻る。

サンペドロはパナハッチェルよりツーリスト化してなくのんびり
していて本当いいとこだ。
早速着いて早々 革靴屋さんに。
d0160647_9534184.jpg

d0160647_954936.jpg

どれもこれもかっっちょいいー  あれもこれも欲しくなる。
ずーと旅行中お土産物にはあまり手を出していなかったので
その反動か二足購入。 皮のバックもたくさん。
革靴ができるまで4日かかったが出来あがった革靴をみて感動!!
大切に日本で履かせてもらいます!!
いやー 本当にサンペドロに戻ってきてよかった。 
d0160647_954359.jpg

[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-08-09 09:55 | Guatemala

Xela

2010.8.2  シェラ
湖畔の町パナハッチェルからシェラに移動。
シェラはみんないいと言ってたはず...かなり楽しみにしてた。
しかし... 

都会です。なんなら俺の中では大都会です。マックがありますからね。
多分いろんな村へ行ける中継地点なんでしょうね。
正直残念。 しかも畳み掛けるように雨雨雨
うーん ご縁が無いんだろうね。

d0160647_9324922.jpg

d0160647_9331732.jpg
d0160647_9334949.jpg

それでも町の近くの丘にハイキング。
温泉にはいりのんびり。 
d0160647_9344286.jpg

唯一うれしかったのは
ブイヤベースのような魚介たっぷりスープ。激うま
ピリ辛ソースがなぜかカツオ節のような味が。
いやー寒かったし 幸せなスープ。
[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-08-09 09:35 | Guatemala

panajachel

2010.7.30 パナハッチェル
標高1560m ここにはアティトラン湖と火山に囲まれた
のどかな街。
湖の周辺にはいくつも村があり、多種の民族がくらしている。
でも欧米人から見て俺らが中国人と日本人の区別がつかない
のと一緒でまったくわからない。民族衣装の色具合が多少違う
のかなというぐらいだろうか
ボートトリップで周辺の村々を訪れた。
d0160647_21123256.jpg

d0160647_2115542.jpg

d0160647_21162975.jpg

おじさん 特集! いつも見ている女性の民族衣装より
男性の民族衣装に惹かれる かわいくてしょうがない。
カウボーイハットに短パンに素足の革靴。
こんなファンキーな日本人いますか!!
それも集団で。 
d0160647_21181010.jpg
d0160647_21182644.jpg

d0160647_21213255.jpg

どこの国にも恐怖心をあおる観覧車ありますよね。
d0160647_2122885.jpg

何回も取り直したのに毎回良い顔をしてくれる子供ら。
グァテマラ人にはめずらしい 名演技。 ありがと。
d0160647_21225176.jpg

cross roads cafe のアメリカ人おっちゃん
ここパナハッチェルに来たらぜひ行ってください。
本当にいいおっちゃん。 この人の愛嬌とうまいコーヒーで
小さい店は結構込んでる。
しかもダダでクッキーやらコーヒーのおかわりも。
なんていいおっちゃん。 
こういう生き方をしてる人に出会うと
俺が死ぬとき いやー幸せだった って思える生き方したい
d0160647_21232662.jpg

d0160647_6532318.jpg

ここの朝食にはびっくり。 これで200円。 
レストランなのに全然安いしうまい!! 
こういう朝飯を食べて天気がすこぶるいいと朝からテンションあがる


d0160647_21241767.jpg

村岡夫婦が経営してる日本人宿で
宿もきれいだし ごはんうまい!!
特に鉄火丼はうまかったー 大葉がしあわせ
[PR]
by takeshi_japan21 | 2010-08-02 12:12 | Guatemala